希望者が増える繁忙期とは

希望者が増える繁忙期とは

1年間の間で2月3月はアパートやマンションの物件探しと引越しが増える時期になります。

 

この時期には学校の入学シーズンに当たりますし、新入社員といて会社に入社する時期でもあります。

 

 

 

また、春の季節の良い時に結婚する方が多くなりますので結婚後の新居探しの時期でもあります。

 

また、8月の後半から9月にかけても秋の結婚シーズンに向かって新居探しをする方々も増える時期になります。

 

 

 

ですから、この時期の仲介不動産会社は、物件の紹介や契約で多忙な日々となりますし、売上アップの嬉しい時期でもあります。

 

この様なアパートやマンションなどの繁忙期に入る少し前から、仲介不動産会社には物件所有者からの空室情報がはいってきますので、部屋を探したい方は多忙期の少し前から仲介不動産会社に出向いて物件探しの依頼をしておいたほうが良いと思います。

 

 

 

早めに依頼しておくことでホットな優良物件の情報を見ることが出来ます。

 

不動産物件は、売買にしても賃貸にしても繁忙期に入りますと優良物件ほど希望する方たちが増えますので足がはやくなります。

 

 

 

また、1つの物件に多数の希望者が現れますので取り合いになって所有者も強気になりますから借りる側にとっては家賃などの交渉がきびしくなります。

 

この様な時期には、気に入った物件があったら早く決断して「申し込み書」を提出しておくことが重要です。

 

 

 

申込書を提出することで意思表示が所有者に伝わりますので、他の希望者に持っていかれる事を防ぐためのある程度の抑止効果もあります。