マンションとアパートは何処が違う

マンションとアパートは何処が違う

引越しを考えている方が、賃貸マンションやアパートの物件を探すために活動を開始します。
しかし、良く耳にするマンションとアパートと言う2種類の言葉がありますが、両者の違いが判りません。

 

違いが判らないので、仲介不動産会社にお願いするにしても知り合いに話すにもどちらの言葉を使ったら困ってしまいます。

 

 

 

もし、両者の言葉に大きな違いがあって、アパートとマンションの言葉を間違って使うことで探してくれる仲介不動産会社にも知人の判断に狂いが出るとお互いにこまります。
◆間違って使って混乱しないために2つの言葉の違いについて説明します。

 

 

 

アパートと言う表現は英語の「apartment」から日本で使われるようになった言葉ですが、一方のマンションはラテン語の「mansions」から来た外来語になります。

 

 

 

本来の言葉の意味としては両者とも宮殿や大邸宅という意味の「立派なお屋敷」が始まりですが、現在の米国や英国でも賃貸用の「集合住宅」の意味で使われております。

 

その点では現代の日本でも同じように「集合住宅」として使われていますので、米国や英国とあまり違いは無いようです。

 

八王子 不動産 なら 金子不動産株式会社

 

しかし、日本での実際のニュアンスには多少の違いがあります。

 

一般的には、アパートの方が少し大衆向けの価格の低い物件の意味合いが強くなります。

 

 

 

また、アパートは軽量鉄骨や木造の造りで低層の物件が多く賃料も低くなります。

 

マンションの方は、その反対で比較的高層ビルで鉄骨や鉄筋のコンクリート建築で、エレベータがある物件で、高級感があり賃料も多少は高めになります