賃貸マンション契約手続き

賃貸マンション契約手続き

借りたいと思う賃貸マンションが決まったら契約など幾つかの手続きが必要です。

 

◆契約関係の手続きと注意点を説明します。

 

 

 

何軒も物件を見て回って自分たちが希望する賃貸マンションが決まりますと、次には契約して入居できるように進みます。

 

仲介の不動産会社が入っているとしますと、仲介不動産会社の担当者が手続きの手順を?明してくれます。

 

 

 

その基本的な作業と手続きについて説明します。

 

*仲介した不動産会社で賃貸契約書を準備します。

 

賃貸契約書には物件の賃貸に関する細かい相互の守るべき約束事や、賃貸物件の詳細も添付されます。

 

 

 

この契約書には、物件の賃貸者と物件を借りる側の署名捺印が必要になります。

 

また、連帯保証人が必要な場合には連帯保証人の署名捺印も必要です。

 

 

 

更に仲介不動産会社が立会人として署名捺印をすることもあります。

 

仲介会社は賃貸契約書の内容説明と同時に、契約書に添付する「物件説明書」の詳細説明を行う義務があります。

 

この時点で気になる点が有りましたら納得行くまで質問をぶつけてください。

 

 

 

契約時には、事前に仲介会社から知らされている敷金、礼金、前家賃、仲介手数料などの金額を現金で用意しておきます。

 

*注意点

 

事前に不動産会社から契約の大切なポイントを聞いて契約に必要なものを準備しておくことをお勧めします。

 

保証人が必要な場合には事前に保証人の了解を得ておきましょう。

 

*契約が無事に成立すれば契約で決まった入居日には引越しが出来ます。