家賃保証会社について

家賃保証会社について

家賃保証会社というのは、連帯保証人を代行する会社で、賃借人が家賃を滞納などをしてしまった場合に代わりに弁済を行う保証会社です。
この頃では、滞納のトラブルを避けるために契約の時に連帯保証人を必要とする賃貸物件も増えています。しかし、連帯保証人を頼める相手がいないというときには、この家賃保証会社が便利です。

 

 

 

最近では、連帯保証人ではなく、そもそも家賃保証会社との契約を条件、必須とする賃貸物件も増えてきています。貸し手側としては、連帯保証人よりも家賃保証会社の方が面倒がなく確実ですからね
しかし、一部の家賃保証会社は代位弁済を行ったあとに、悪質な消費者金融業者と同様の強引な手法で借り手側から取り立てを行う場合もあります。滞納した自分も悪いとはいえ、暴力団まがいの取り立ては問題になっています。

 

 

 

また、家賃保証会社の業界団体は、独自に賃貸保証のデータベース機関LICCを設立し、信用情報の登録確認を行っています。京都市賃貸マンション情報はこちら。簡単に言えば、家賃滞納者のブラックリストを作ってるわけです。以前に滞納した過去がある場合、家賃保証会社の保証を受けられなくなり、部屋を借りられないということもあるようです。

 

 

 

家賃保証会社は、基本的に貸し手側が指定してきますので、基本的には自分で何処何処と選ぶことは出来ません。あえてお願いすれば、自分の好きなところと契約することも出来る場合もありますが。
ライフ、ジャックス、セディナなどの信販系会社も家賃保証のサービスを行っているところもあります。一応、大手の方が多少なり安心でしょうか。