敷金について

敷金について

賃貸住居を探すときに、重要になってくるのが敷金ですよね。
敷金とは、入居者が退去するときに部屋を破損させてしまったり汚したりした場合の修繕費として事前に借り主へ預けるお金のことです。

 

 

 

本当は、部屋を綺麗に使っていれば、敷金は返却されねばなりません。自然に起こる程度の劣化は入居者の責任になりません。部屋の鍵を取り替えるなどは、家主の勝手ので入居者の負担にはなりません。

 

 

 

しかし、ほとんどの場合はどんなに部屋を綺麗に使っても敷金は返ってこないかと思います。よほど善良な家主でない限り返してくれません。一応、裁判所に訴えて敷金を取り戻すこともできなくはないですが、費用対価を考えるとほとんどの方が泣き寝入りしているかと思います。
礼金の一部と思い諦めるしかないのが現状でしょうか。
最近では、敷金なしで入居できる賃貸物件もあるようです。

 

 

 

ただし、退去するときに部屋を破損したりしていた場合は、そのときに修繕費を請求されます。
かならずしも敷金なしの方がお得とは言えません。
また敷金とは別に保証金という精度もあります。同じく部屋を破損したり、家賃を滞納したときに保証金からお金が引かれますが、何もなくても返ってこないときもあります。

 

 

 

例えば、「保証金100万円、償却70万円」の場合、何もなくても保証金は30万円しか返ってきません。何もなくても償却として70万円差し引かれてしまいます。
ちょっとおかしな感じもしますが、貸し手側としてはそうホイホイ引っ越されると空室率があがって困るのでこのような制度を作ってるのかも知れません。