礼金について

礼金について

賃貸住居を探すときに、重要になってくるのが礼金ですよね。
礼金とは、賃貸物件を契約する際に、余計に払うお金のことです。
もともとは、地方から東京に一人でやってきた単身赴任者、学生等の援護のために上京した人の親戚が東京の下宿などの大家に払った現金が由来らしいです。

 

 

 

お医者さんに診察料とは別にお金を包むのと、理屈的には同じでしょうか。
ただ、現在では、礼金を払うのが当たり前で、必須になってます。昔は慣習で義務ではなかったのですが、最近では払わないと借りれませんね。
貸し手側は、この礼金の一部を不動産屋へ紹介料として支払っているようです。

 

 

 

しかし、最近では物件競争が激しくなっているので、敷金礼金なしという物件も若干、増えてきています。最近では、「いまなら礼金不要!」などとキャンペーンを行ってる所もあります。
特に新鋭の不動産会社などでは多いですよね。古いところではいまだに礼金が必須です。
礼金は、敷金や保証金と違っていっさい返ってくることはありません。もっとも、敷金もほとんど返ってくることはありませんが。

 

 

 

ちなみに、公団地や住宅金融公庫の融資を受けて建築された物件では、礼金を取ることはいっさい禁じられています。
しかし、普通の物件では礼金が法規制されることはないようです。ちょっと胡散臭いですが、結局、払うしかありませんね。

 

 

 

仮に、礼金の制度が規制されたとしても、その分、敷金や保証金を高く取られるだけですから、どの道同じことかも知れません。