不動産で家賃交渉

不動産で家賃交渉

皆さんは賃貸住居の家賃は交渉することが出来ると思いますか?それとも出来ないと思いますか?もし家賃を交渉することが出来、尚且つ上手くいけば安くなるかもしれない…と聞けば誰だって興味を示しますよね。

 

家賃の交渉のことを今まで考えたことは無かったと思います。

 

 

 

最初から決まっている金額は確実なんだ…と思いこんでしまい素直に定まっている金額を支払って住んでいる…という人がほとんどですよね。

 

しかし、住んでいるうちに不満が積みかさなったりしませんか?最初は良いと思った物件ももしかしたら住んでいるうちに「今の家賃では少し高い気がする…」と感じることもあるかもしれません。

 

 

 

そんな時は、不動産もしくは大家さんに家賃交渉を持ちかけてみるのも1つの手です。

 

法律で住人側が家賃の値下げを交渉する権利があるのは決まっています。

 

 

 

これを知っているのと知らないのとでは大きく違うのではないでしょうか。

 

もしかしたら、今の家賃から3,000円〜1万円くらいは安くなるかもしれません。

 

 

 

1,000円でも安くなれば凄くお得な感じがしますよね。

 

ご存じの通り、家賃は毎月のことなので例え1,000円だけの値下げだとしても年に換算すれば12,000円。

 

2年経てば倍になるのですから大きいです。

 

 

 

家賃交渉をする際は当然、何かしら不満の点がなければ却下されることがほとんどです。

 

例えば騒音がする、雨漏りがする…といった生活に支障をきたす出来事がある場合に出来ることなのです。