1畳の大きさ

1畳の大きさ

賃貸住居を探す上で、やはり一番気になるのは部屋の間取りですよね〜。
普通部屋の大きさは「畳」で書いてありますが、具体的に「1畳」がどのくらいの大きさかご存じですか?

 

 

 

「一畳は、畳一枚分」と言うと、まったくその通りではありますが、実は畳の大きさには種類があります。
畳には、「京間(191×95.5cm)」「江戸間(176×88cm)」「中京間(182×91cm)」という種類があり、地域によって使われている畳の種類が違います。ちなみに京間は関西方面、江戸間は関東方面でよく使われています。

 

松戸市 新築

 

比べて見れば一目瞭然ですが、明らかに江戸間の6畳と京間の6畳では明らかに広さが変わってきますよね。関西の6畳に住んでた方は、東京の6畳がやたらと狭く感じることがあるかも知れませんが、気のせいではなかったのです。

 

 

 

一応、不動産広告の規定では、1畳あたりの面積は1.62平方メートル以上でなければならず、1畳あたりの面積が1.5平方メートル以上〜1.62平方メートル未満の場合には、1畳あたりの面積を明かにして表示することと定められています。

 

 

 

畳がない洋室でも6畳などと部屋の広さを書いてある場合がありますが、このときの1畳はだいたい1.62平方メートル程度と換算して良いかと思います。
部屋を借りる前に下見にいくと思いますが、家具が何も無い部屋は、見かけよりもだいぶ広く感じると思うので、注意が必要です。実際、家具を置いて暮らし始めると、思ったより狭くて苦労したというのはありがちです。