家賃滞納をしてしまったら

家賃滞納をしてしまったら

家賃を滞納することは、不動産賃貸借契約違反であり不法行為になります。
多くの場合は、経済的困窮で払えないのですが、なかには浪費やギャンブルなどでお金を使って払わない悪質な滞納者もいます。

 

 

 

基本的には、一ヶ月滞納したくらいで即追い出しということにはならないのですが、三ヶ月以上の滞納が続くと賃貸借契約解除になるのが一般的です。
契約が解除された場合、契約時に払った敷金や保証金が滞納費分として取られるので、敷金や保証金はいっさい返ってきません。
貸し主には、法的手段を使って差し押さえなどを実行することが出来ます。ただし、相手に資産がないことも多いので、かならず回収できるわけではありません。

 

 

 

それでも、普通はもともと敷金・保証金を取っているのでそれで赤字を相殺できるのですが、ゼロゼロ物件の場合は、暴力団系の業者をやとって強引に取り立て、追い出しなどを行ってきます。

 

 

 

追い出し屋や追い出し行為というのは本来違法です。正式には、前述の法的手段を用いてまず契約解除し、それから退去命令を取らない限り、いくら滞納されても強制的に追い出すことは出来ません。

 

 

 

貸し手側としては、そんな自体にならないために契約時の審査を厳しくしたり、連帯保証人、家賃保証会社などを利用する必要があります。ただその辺を厳しくしすぎると今度は入居者が減って部屋が埋まらないというジレンマがあり、難しいところです。
借りる方も貸す方も、出来るだけ信用できる相手を選びましょう。