給付金制度と住宅ローン減税を利用する。

給付金制度と住宅ローン減税を利用する。

消費税の増税が2014年4月に決まりましたので、急いで増税前に購入すべきか迷います。

 

時間的に無理しませんと2014年4月の増税までには間に合わないで悩んでいる方もおります。

 

 

 

不動産会社にとって消費税増税は住宅仲介の絶好のセールスチャンスと捉えていますので、購入の決断を急がせようと煽ったりします。

 

しかし、時間的に迫っている中で焦ってマイホームを購入することは決して得なことでは有りません。

 

良心的な不動産会社でしたら、購入者の立場を考えて決して消費税の増税を理由に購入を煽るような行為はしません。

 

 

 

住宅ローン減税などの緩和策と給付金に関する情報について説明して無理に急がせたりはしないはずです。

 

この住宅ローン減税と給付金制度は、政府が消費税の増税が経済に悪影響を起こさないように用意している優遇的緩和策のことです。

 

住宅ローン減税の負担軽減措置が発動されますが、この住宅ローン減税の内容は、現在の10年間で最大200万円の控除額合計額を、2014年4月の消費税アップの時からは400万円(長期優良住宅、低炭素住宅の場合は最大で500万円)に引き上げられるというものです。

 

 

 

消費税は取得時の1回だけですが、住宅ローン減税は10年間と長期間にわたって減税されます。
これはローン金額の残高に対してのパーセントですから、住宅ローン金利が上がりますと減税効果も大きくなるのです。
さらに「すまい給付金制度」は低所得者で住宅ローンの減税の恩恵を受けられない年間所得が210万円以下の方に対して「最大30万円」の給付金が支給されます。