空き巣に狙われやすい賃貸物件

空き巣に狙われやすい賃貸物件

空き巣に狙われやすい賃貸物件の特徴を知っておくだけで物件探しをする際に何かと役に立つかと思います。

 

まず狙われやすいのは、死角があるか賃貸物件です。

 

 

 

死角に窓が多いと空き巣が入ったとしても気づかれにくく、簡単に家の中に侵入することが出来ます。

 

もし近場に駅やパチンコなどのギャンブル場がある場合も狙われやすいので気をつけましょう。

 

 

 

駅などは人がたくさん行き来しているので空き巣に入った後、誰かに見つかった時人ごみの中に逃げられやすいのです。

 

そしてギャンブル場は負けてしまった後に自暴自棄になり空き巣に入ろうという考えを生みだしてしまう可能性が十分に考えられるからです。

 

また、公園の近くの賃貸物件も少し気を付けた方が良いかと思います。

 

 

 

公園は人通りが多いため、逆に狙われにくい場所かと思われがちですが、空き巣はそれを逆手に考えているのです。

 

少し怪しい行動を取っても変だとは気付かれにくいですし、公園から見える賃貸物件を監視し人が外出するのをじっと待っているかもしれません。

 

 

 

公園には子供以外にもサラリーマンなどもたくさんいるので怪しまれにくいというのも特徴です。

 

特にマンションの方が空き巣にとっては好都合なことが多いので警戒が必要です。

 

 

 

マンションはオートロックで一見、セキュリティには完璧のように思えますが人の出入りが多い分、意外に簡単に中に入ることが出来ます。

 

賃貸物件を探す際には是非、防犯に関しても意識してみてください。