ゼロゼロ物件について

ゼロゼロ物件について

ゼロゼロ物件とは、簡単に言えば敷金・礼金が不要で契約出来る賃貸物件のことです。
(敷金)ゼロ(礼金)ゼロで、ゼロゼロ物件という分けです。

 

 

 

ゼロゼロ物件というと、非常に格安なイメージがありますが、実際にそうとうは限らないので注意が必要です。
ゼロゼロ物件は、確かに敷金と礼金はいらないのですが、その分を入会金、保証金、会員権維持費用、鍵交換費用、生存確認費用などという名目で徴収するケースがあり、結局はすこしもお得じゃない、むしろ損という場合もあります。

 

 

 

また、敷金を払ってないため、家賃の滞納を敷金で相殺できません。そのため、家賃を滞納したときにはかなり厳しく強制退去を迫られるる場合があります。専門の追い出し屋という業者もあるようです。滞納した場合、鍵を交換するという手段で追い出されることもあるようです。
このことではたくさんのトラブルが発生し、消費者センターへの相談や提訴なども行われているようです。

 

いっぱいあって迷いますが介護 フランチャイズはおすすめです。

 

また、敷金を払ってないため、部屋を退去するときには現状復帰費用を請求されることがあります。これがでたらめに高額な場合もあります。
結局の所、うまい話には裏がある、ということでしょうか。決して、すべてのゼロゼロ物件が悪質なわけではないですが、甘い言葉で消費者を引っかけていっぱい搾り取ろうという悪い人間はかならずいますので、注意が必要です。

 

 

 

特に、敷金や礼金をなかなか払えないような貧困層を狙っており、悪質です。