消費税増税にあわてて購入しない。

消費税増税にあわてて購入しない。

2014年の4月に消費税が5%から8%に値上げされる事が決まりましたので、住宅関係や建築関係においても準備に大わらわです。

 

消費税増税の決定が住宅関係においても様々な面で影響を及ぼしております。

 

 

相当数の方々が消費税値上げ前に住宅を購入しなくてはと、焦るように別件探しをして、実際に高額なマンションや戸建住宅などを購入にはしっております。

 

しかし、冷静に判断しますと大切で高額なマイホームを焦る気持ちで購入することは決して得策では有りません。

 

 

その理由としては、まず戸建住宅のような土地付きの住宅に関して冷静に見ますと、消費税は土地代金に対してはかからないということが上げられます。

 

基本的に消費税は建築物に対して2014年4月より8%かけられますが、土地代金については関係無いということを頭に入れておいて下さい。

 

さらに、2014年4月の消費税のアップのタイミングから住宅ローンに対する減税策が決まっております。

 

 

2014年4月の消費税増税のタイミングで住宅ローンが1%の控除額になりますので、消費税の3%の値上がり以上の効果があります。

 

1%は消費税の3%より少ないと思うかもしれませんが、消費税は取得時の1回に対して住宅ローン減税は10年間の控除ができますので得になります。

 

住宅ローンを多く利用する方にとっては消費税の値上がり以上の効果が期待できますし、将来は住宅ローン金利が高くなることも予想されますので高金利になればなるほど得になるのです。
上記の理由から、急いで消費税の値上がり前に駆け込みで住宅の購入や建設をするよりも冷静に損得計算を計算してから判断するべきでしょう。